ライフカードは2枚持ちできる?2枚持ちの条件やメリットを解説

クレジットカード
ライフカードは2枚持ちができるのか?2枚持ちの条件やメリットをご紹介

※内容に広告・プロモーションを含みます

「ライフカードは2枚持ちできる?」
「2枚持ちの条件があるなら知りたい」

ライフカードを複数枚使いたいと考えている方は少なくありません。

ライフカードは年会費無料(※海外旅行傷害保険の付帯なし)で、学生専用カードは海外利用に3%キャッシュバックが付く、人気のクレジットカードです。

今回はライフカードを2枚持つための条件やメリット・デメリットをまとめました。

ライフカードをより便利に使いたい方は要チェックです!

ライフカードの2枚持ちは可能?

ライフカードには単独で発行しているプロパーカードと企業と提携して発行している提携カードがあります。

ライフカードに限らず、プロパーカードと提携カードを1枚ずつ持っても問題ありません

同じ国際ブランドのライフカードは2枚持てない

ライフカードは国際ブランドを提供するクレジットカード会社と提携して海外利用できるクレジットカードを発行しています。

ライフカードで発行できる国際ブランド

・VISA
・MasterCard
・JCB

ライフカードを2枚持てるかどうかは上記の国際ブランド次第で、同じ国際ブランドのプロパーカードは2枚持てません。

提供する会社と国際ブランドが同じだと、サービス内容もほぼ同じで2枚作る意味がないのが2枚持ちできない大きな理由です。

学生専用カードは1名で2枚以上作れない規約になっているので、国際ブランドが違っていても申し込みはできません。

2枚目のライフカードも審査がある

利用状況に問題がない方が家族カードを追加するときは、新規申し込みより簡単な審査でカードが発行されます。

2枚目のライフカードを作るなら、新規申し込みと同じ審査を再度受けなければいけません。

基本的には初回の審査と同じ項目が調査されますが、すでに1枚目のカードで利用実績があるので、審査通過はしやすくなります。

今持っているカードの返済を延滞したり、未払いがあったりすると審査を通過できないので注意しましょう。

1枚目のカードを作ってから2枚目のカードを申し込む間に、他社カードを複数作っていてその件数や残高が多い方も審査にはマイナスの影響があるので気をつけましょう。

ライフカードを2枚持つメリット

  1. 国際ブランドの種類を増やせる
  2. 1枚盗難紛失をしても予備として使える

国際ブランドが違うクレジットカードを持つ最大のメリットは、使える加盟店が増える点。

最近はVISA、MasterCard、JCBであれば国内の加盟店ではほとんど共通で利用できますが、加盟店数に違いがあります。

ライフカードを海外で利用するなら、国際ブランドが違うカードを持っていたほうが使いやすくなるでしょう。

カード紛失や盗難に遭っても、予備のクレジットカードを持っていると再発行待ちでカードを使えない期間がなくなるので便利です。

ライフカードを2枚持ってもIDを統一すればポイントがまとまり、2枚持ちでIDが複数になるデメリットを避けられます。

ライフカードを2枚持つデメリット

  1. カード管理の手間が増える
  2. 年会費が増える

他のクレジットカードを作っても上記のデメリットは存在するので、正確にはライフカードを2枚持つデメリットではありません。

年会費無料のライフカードでは海外旅行傷害保険が付かないので、1枚目は年会費無料、2枚目は年会費有料にして使い分けましょう。

どちらも年会費無料にすると海外旅行傷害保険のサービスをまったく利用できませんが、1枚を年会費有料にすると付帯されるサービスが増えます。

ライフカードは二枚持ちOK!

ライフカードは国際ブランドさえ違っていれば、2枚持ちが可能なクレジットカードです。

同じライフカードのプロパーカードでも違うサービスを提供しているカードを2枚目に選ぶと、メリットは大きくなります。

自分にあっている組み合わせを考えるとライフカードをより便利に使えるので、自分にあった使い方をしてみましょう。

関連記事