JCBゴールドから憧れのJCBプラチナカードへ!切り替え方法は?

クレジットカード
JCBゴールドからJCBプラチナへ切り替え

※内容に広告・プロモーションを含みます

「JCBプラチナにアップグレードしたい」
「JCBプラチナへの切り替え方法を知りたい」

JCBゴールドを所有している人の中には、JCBプラチナに切り替えたいと思っている人も少なくありません。

JCBゴールドからJCBプラチナに切り替えの申し込みができて、条件さえあえばJCBプラチナにアップグレードが可能です。

今回はすでに所有しているJCBゴールドから、JCBプラチナカードヘの切り替え方法について詳しく説明していきましょう。

JCBプラチナへの切り替え方法

自分から切り替えを申し込む

JCBプラチナカードは、自分の好きなタイミングで切り替えの申し込みが出来るプラチナカードです。

既にJCBオリジナルシリーズのカードを持っている人は、会員専用WEBサービス「MyJCB」からアップグレードの申し込みができます。

    申し込み手順

  1. MyJCBにログイン
  2. トップ画面より
        「アップグレード」を選択

切り替えの申し込みができない・アップグレード申し込みが表示されない人は、公式サイトを確認するのがベスト。

JCBのオリジナルカードを所有していない人は、まずはJCBゴールドに申し込みをして切り替えを待つのも一つの手段でしょう。

JCBプラチナの入会方法

JCBプラチナは招待制のカードではないため、インターネットから直接申し込みができます。

JCBプラチナの入会方法
通常入会で申し込む
即時入会で申し込む

JCBプラチナに通常入会で申し込む

JCBプラチナの通常入会の申し込み方法は、下記の通りでした。

    JCBプラチナの通常入会方法

  1. インターネットで通常入会を申し込む
  2. ウェブで支払い口座の設定
  3. 入会審査完了後メールにてお知らせ
  4. 自宅にカードをお届け(約1週間)

家族カード・ETCカードを同時に申し込みたい人は通常入会で申し込むと、スムーズにカードが発行できるでしょう。

JCBプラチナには入会審査があるので、切り替えを申し込んだ全ての人が審査を通過できるとは限りません。

JCBプラチナに即時入会で申し込む

JCBプラチナは、モバイル即時入会サービス(モバ即)での入会申し込みも可能です。

カードの申し込みから最短5分程度で審査が完了し、すぐに「MyJCB」アプリからカード番号などの確認ができます。(※カードは約1週間でお届け。)

JCBプラチナに入会したい人の、モバイル即時入会サービスの入会方法・申し込み対象条件は下記の通りでした。

モバイル即時入会サービスの入会方法
9:00~20:00に申し込み
・顔写真付き本人確認書類による本人確認
(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
    モバイル即時入会サービスの
    申し込み対象条件

  1. ショートメッセージが受信できるおよびカメラの使用が可能なスマートフォンを保有している
  2. 有効期限内の運転免許証/マイナンバーカード/在留カードを保有している
  3. オンライン口座設定が可能である

カードを受け取る前にネットショッピングや店頭で利用できるので、すぐにJCBプラチナを使いたい人におすすめの入会方法でしょう。

家族カード・ETCカードが欲しい人は、カード発行後に「MyJCB」から追加で申し込みが可能。

JCBプラチナに切り替えるメリット

JCBゴールドは保険や特典が豊富なクレジットカードですが、JCBゴールドからJCBプラチナヘ切り替えるメリットは多いです。

プラチナ会員専用のコンシェルジュ

JCBプラチナでは、24時間365日受付でプラチナ会員限定のコンシェルジュデスクがあります。

【コンシェルジュデスクのサービス一覧】
🔹トラベル
航空券・ホテルの予約・レンタカーの手配など
🔹ダイニング
レストランの案内・予約など
🔹エンターテイメント
コンサートなど各種イベントチケットの手配など
🔹ビジネス
接待での店選び・予約
出張の航空券やホテルの手配など

🔹ゴルフ
ゴルフ場の提案・予約など

旅行に関する各種サポートや、ゴルフ場・チケット・レストランなどエンターテイメントに関する相談など専任のスタッフが対応。

利用手数料もかからないので、JCBプラチナを発行できた人は気軽に相談してみましょう。

国内外のホテル・旅館の宿泊がお得

JCBプラチナには、全国各地で人気の高いホテル・旅館をお値打ち価格などで利用できる豊富なプランがあります。

JCBプレミアムステイプラン
全国各地の上質で人気の高いホテル・旅館をお値打ち価格などで利用可能
海外ラグジュアリー・ホテル・プラン
世界各地のラグジュアリーなホテルにさまざまな特典付きで宿泊可能

上記サービスの詳しい利用方法は、JCBプラチナの公式サイトをチェックしていきましょう。

JCB ザ・クラスのインビテーション

JCBプラチナを利用していると、JCB最高峰のブラックカード「JCB ザ・クラス」のインビテーションを受ける状況も夢ではありません。

JCB ザ・クラス」は、JCBプラチナを含むJCBプレミアムカードを愛用している人が一定条件を満たせばインビテーションが届きます

まずはJCBゴールドJCBプラチナを所有して、最高峰の体験を受けられるクレジットカードの所有を目指すのもおすすめでしょう。

JCB ザ・クラス」は招待でのみ所有できるカードですが、インビテーションの条件は公開されていません。

JCBプラチナに切り替えるデメリット

年会費が高額

JCBプラチナの年会費は27,500円(税込)になっていて、JCBゴールドと比べると年会費は高額です。(※JCBゴールドの年会費は11,000円(税込)

年会費は高額ですが、JCBプラチナ会員専用のコンシェルジュや世界約1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるなど特典が豊富。

JCBプラチナへの切り替えで後悔しないためにも、特典や保険などJCBプラチナの利点を把握してから切り替えるのがベストでしょう。

JCBプラチナの家族会員の年会費は1枚目が無料、2人目から1人につき3,300円(税込)

JCBプラチナへの切り替え:まとめ

JCBゴールドからJCBプラチナへの切り替えは、「MyJCB」からアップデートの申し込みが可能でした。

JCBプラチナは招待制のカードではないため、25歳以上で安定継続収入がある人の直接の申し込みも受け付けています。(※学生不可)

JCBプラチナで最上級の体験を受けるためにも、JCBゴールドからの切り替えもしくは直接の申し込みを検討していきましょう。

JCBプラチナ
JCB
カード
JCBプラチナ
申し込み対象 25歳以上(学生不可)
年会費 27,500円(税込)
特徴 24時間対応の手配・予約代行あり
コース料理が1名分無料
世界のホテルを特典付きで予約可
申し込み
サービスの利用には条件があります。詳細はHPをご確認ください。

関連記事