dカードを解約する前に確認すべき点と解約方法について

クレジットカード

※内容に広告・プロモーションを含みます

「dカードを解約したい!」
「公式サイトを見ても解約方法がわからない」

dカードの解約方法で困っていたり、いつ解約すべきか迷っている方は多いようです。

dカードの解約手続き自体は10分程度で完了しますが、いくつか注意しておきたい点があります。

本記事では、dカードの解約方法や解約する際の注意点について解説。

dカードの解約で不安や疑問点がある方は、要チェックの一記事です。

dカード解約前に知っておきたい注意点

dカードは年会費無料なのでいつ解約しても金銭的な損害は受けませんが、「dカード GOLD」を契約している方は要注意です。

11,000円(税込)の年会費は、締め日を1日でも過ぎると必ず発生します。

dカードの年会費締め日は毎月15日。仮にdカードを契約した日が1月1~15日だった場合、年会費の締め日は翌年1月15日です。

契約日 年会費締め日
1月1~15日契約 翌年1月15日
1月16~31日契約 翌年2月15日

例えばdカードを1月14日に契約していると、翌年度の1月15日以降の解約では年会費が発生してしまいます。

年会費を無駄に支払わないためにも、契約開始日を確認して締め日よりも前に解約手続きをしておきましょう。

解約後はWeb利用明細を確認できない

dカードを解約するとdカードのメンバーズサイトにログインできなくなります。

dカードの利用代金明細の照会は、サイトにログインしないと確認できません。

解約後のdカード決済請求額は、紙の明細にて郵送されます。

家計簿、入出金の記録保管などで常に明細を確認したい方は事前に印刷・データ保存をして記録をとっておきましょう。

電子マネーiDは利用できなくなる

dカードは電子マネーiDと一体型のクレジットカードですが、dカードを解約すると電子マネーiDが利用できなくなります

おサイフケータイやApple Payにdカードの情報が残っていると不正利用のリスクも高まるので、解約前に必ずカード情報は削除しておきましょう。

解約後も請求は通常通り行われる

リボ・分割払いなどの残高があれば、支払いが完了するまで毎月請求が続きます。

毎月発生する公共料金の支払いをdカードにしていた方は、変更手続きが必要です。

解約後のリボ払い残高を一括返済したい方は、利用していたカードに応じたお問い合わせ先に連絡してください。

dカード会員→dカードセンター
電話番号:*8010(ドコモの携帯電話のみ/無料)
0570-030-360(有料)
対応時間:10:00~18:00 ※年中無休
dカード GOLD会員→dカード GOLDデスク
電話番号:*9010(ドコモの携帯電話のみ/無料)
0570-070-360(有料)
対応時間:10:00~18:00 ※年中無休
dカードやdカード GOLDを解約しても、違約金は一切発生しません

dカード解約後は使えないサービス

dカードを解約すると、dカードが持つ特典は受けられなくなってしまいます。

「割引や補償を使おうとしたのに利用できなかった」と困らないよう、解約前に利用出来なくなるサービスを確認しておきましょう。

dカードの主な特典

  1. ローソンでの決済で2%ポイント還元
  2. 携帯電話の紛失、盗難による再購入費用一部補償(購入後1年間最大1万円)
  3. dカードで購入した商品が損害を被った場合、一部補償(購入90日最大100万円)

dカード GOLDは、上記のdカード特典に加えて、更に以下の特典が付きます。

dカード GOLDの主な特典

  1. 携帯電話およびドコモ光の利用額10%ポイント還元
  2. 携帯電話の紛失、盗難による再購入費用一部補償(購入後3年間最大10万円)
  3. dカードで購入した商品が損害を被った場合、一部補償(購入90日最大300万円)
  4. 海外旅行中での事故による治療費や損害賠償一部補償(最大1億円)
  5. 海外でdカードの紛失・盗難があった場合、緊急クレジットカードを発行(無料)

dカード解約後のdポイントはどうなる?

dポイントは、NTTドコモが提供している「dポイントクラブ」が管轄するサービスです。

「dカードを解約」=「dポイントクラブから退会」にはならないので、貯まったdポイントは有効期限まで利用可能。

解約したdカード自体は使えなくなるので、ポイントを使う際はdポイントカードを発行、またはモバイルdポイントカード(dポイントクラブアプリ)をインストールしましょう。

dカードの解約方法

dカードの解約は基本、電話での手続きとなっています。

解約手続きではクレジットカードの情報が必要なので、手元にdカードを用意してください。

混雑時は繋がりにくくなるので、時間に余裕をもって問い合わせましょう。

dカード会員→dカードセンター
電話番号:*8010(ドコモの携帯電話のみ/無料)
0570-030-360(有料)
対応時間:10:00~18:00 ※年中無休
dカード GOLD会員→dカード GOLDデスク
電話番号:*9010(ドコモの携帯電話のみ/無料)
0570-070-360(有料)
対応時間:10:00~18:00 ※年中無休

解約の手順

契約しているカードに合わせた番号に電話をすると、音声ガイダンスが始まります。

案内に従って担当者宛てのダイヤルに繋がったら、dカードの解約手続きを行いたい旨を伝えて下さい。

dカードのクレジット番号や、解約理由などの質問などがあり、およそ5~10分程度で解約手続きは完了します。

dカード以外のおすすめクレジットカード

dポイントをあまり使わない方は、他社の特典が豊富なクレジットカードを利用するのがおすすめです。

他社カードのと併用に向いているカードもあるので、よく使うサービスがある方はぜひ検討してみてください。

JCBカード W

JCBカード Wは、国際ブランドJCBが発行する39歳以下限定のプロパーカードです。

一般的なJCBカードと比べると、OkiDokiポイントを2倍のスピードで貯められるのが強み。

OkiDokiポイントは交換先が豊富で、商品やテーマパークのチケットとの交換の他、Amazon、スターバックスでも使用できます。

楽天カード

ポイントの還元率などを考えるなら、CMでもおなじみの楽天カードもオススメです。

楽天カードには楽天カード特有のポイントアップシステムを設けていて、楽天市場で楽天カードを使うと貰えるポイントが最大14倍に。(※特典進呈には上限や条件があります)

年会費が永年無料かつ、貯めた楽天ポイントを利用できるお店も多いので、満足度の高いクレジットカードです。

国際ブランドはJCB・MasterCard・VISAの3種類から選べます。

イオンカード

自宅・職場の近くにイオンがあるなら、イオンカードがおすすめです。

年会費無料で、対象となる店舗でカードを利用すればポイントが2倍に。

毎月20日と30日は、イオン系列店でのお買い物の代金が5%オフになるなど、キャンペーンも充実しているのでお得です。

貯まったポイントは豪華商品との交換や専用オンラインショップでの支払いに充てられます。

dカードの解約方法は電話が原則

dカードの解約は、コールセンターへの電話一本で即日完了します。

dカード GOLDの年会費が発生するタイミングや、明細はWebから郵送での確認に変更される点には注意してください。

dポイントに関しては、有効期限切れになった時とdポイントクラブから退会した時のみポイントが失効します。

dカードを解約してもポイントは消えないので、ポイントを利用したい方はdポイントカードやアプリを利用しましょう。

→dカードに関するオンライン問い合わせはこちらから

関連記事